ガンダムアサルトサヴァイブ

ガンダムアサルトサヴァイブ

発売日:2010-03-18
Sony PSP バンダイ
バンダイ
Video Games
新品:4000円から
中古:1499円から

ガンダムアサルトサヴァイブ

激動の歴史を生き抜け!終わりなどない!!果てなく遊べるガンダムゲーム

「ガンダムバトル」シリーズ開発陣が贈る、ガンダムアクションゲームのNEWスタンダード発進!!
3機小隊&歴代シリーズの様々なシチュエーションで「共闘感」を実感せよ。
キャラクター100人以上、モビルスール300機以上、シチュエーションは100以上を収録!

●従来のガンダムゲームとは一線を画す"本物の臨場感"が手の中に!!
リアルタイムで変動する様々なマップ(陸・海・空・宇宙など)を3機小隊で行き来し、シチュエーションの攻略を目指せ。
歴代シリーズはもちろんのこと、100以上のシチュエーションを仲間と助け合い共に生き抜こう。1人プレイはもちろん、
アドホックモードを使った3人通信だともっと楽しい。

●ガンダムアクションゲーム史上、他の追随を許さない圧倒的ボリューム!!
参戦キャラクターは100名以上! 登場モビルスーツは300機以上! カスタマイズ要素も充実。

●「宇宙世紀」「SEED」「OO」まで様々な作品が登場
オリジナルパイロットとなって「機動戦士ガンダム」などの宇宙世紀のドラマを追体験できる。
「SEED」「OO」では、原作のキャラクターになりきりプレイが可能。アニメの感動をそのままに、"高いストーリー性"を実現!

●ガンダムゲーム初!"本当のパイロットメイキング"が可能に!
男女「5つの顔タイプ×5つの髪型」から、オリジナルパイロットをメイキング!
さらに、男女各10種から「音声」も選択可能。 計500パターンもの中から、自分だけのオリジナルキャラを生み出せ!

私的には

プレイ時間は20時間程。
ガンバトシリーズはこれが初めてです。
良い点
・キャラクターメイキングでオリジナルパイロットを作成出来る。
・MSの数がかなり多い為に色んな機体でシチュエーションを楽しめる。
・3人で1チーム制は、仲間と共に戦っているという感覚を強く得られたので良かった。
不満な点
【と に か く お 金 が 掛 か る】
・ショップでのMSやパーツ、スキル、シークレットの販売価格が異常でコストが掛かりすぎる為に常に金欠が続く。
時代が進む毎にシャレにならない金額になっていくのも勘弁願いたい。
・機体購入しても次は改造に大金が掛かる。
・開発計画で新たなMSを獲得出来るかと思いきや…買う権利だけをくれるという理不尽さ。
ちなみに開発には元になる機体を一定値まで改造するのと高額なパーツが必要。
・シチュエーションクリアで手に入るお金は本当に雀の涙ほど…ソロプレイでは100万も入らない。
・お金が必要な時は効率の良いステージをひたすらプレイする必要があり作業感がハンパない(序盤〜中盤の稼ぎステージはアムロを倒せば良いだけなのでひたすらアムロ撃破作業がメインになります)
総評 アクションゲームとしては楽しいしMSを集めるのも楽しい。
お金稼ぎだけが凄く辛い…というゲームです。
けれどマルチプレイが出来る環境ならあまりお金に関してはソロプレイほど苦労はしないかも。
このゲームは一気に進めるのではなく、気長に進めてMSを集めていく事を楽しむゲームかと思います。
2010/6/5

色々と進化した作品(ただし良くも悪くも)

プレイ時間:約50時間
MS50%、パイロット80%、パーツ64%、ミッション100%で挫折。
根本的な問題として、アクションゲームの目的ってミッションクリアだと思うのですが、このゲームはそうではない。
上にも書いたようにミッション全てクリアしても取り尽くせないMSやパーツ、パイロットが数多ある。
その結果、シークレット要素の解禁もできていない。(パーツ100%等が条件になるものがある)
よって全ミッションをクリアした後、シークレット要素を解禁しようと思ったら、ポイント効率のよいミッションを延々とやることになる。まさに作業。
協力プレイすると倍率が上がるらしいですが、それがないとほぼ無理かと。
ちなみに自分の場合、全パーツ・MSを買うのに必要なプレイ時間を概算したところ、ぶっ続けで単純作業の繰り返しでも軽く100時間ぐらいかかりそう。
クリアのための試行錯誤の50時間は苦にならないが、同じことの繰り返しはやり遂げる自信はまったくない、という人は少なくないだろうと思います。
旧作(ガンダムバトル〜シリーズ)はほとんどの場合、全ミッション(Sランク)クリアとめぼしい機体の全獲得は同義だったので、遊びつくすまではどこかが新鮮に遊べた。
今作は過度にボリュームを追及した結果、アクションゲームとして大切な「クリアを目指す」という要素が完全に失われている。
もちろん新規要素(戦場のマップ化やスキルシステムの強化、平成ガンダムの一部が参戦など)は歓迎なんだけど、それと引き替えに大切なものを失った気がして、残念でなりません。
極端な話、初代「ガンダムバトルタクティクス」は荒削り感があったけれども、それなりに魅力的な作品でした。
そして〜ロワイヤル、〜クロニクル、〜ユニバースと基本的には順当に進化し、ゲームとして洗練されていったと思います。
「ガンダムアサルトシリーズ」(という名になるか判りませんが)も続編のためのテストというか、今後に生かしてくれる作品になるのであれば価値はあると思います。
駄目な部分に関して、どこぞのガンダムに出てきた言葉ではありませんが、シリーズ変革の「痛み」とでも言えますので。
が、これを出したっきり終了であれば、残念ながら「ガンダムバトルシリーズの蛇足」以上の何者にもならないでしょう。
今の段階では続編について何も公表されていませんが、きちんと改善された続編が出ることを祈るばかりです。
アーマード・コア フォーアンサーというPS3/XBox360のロボゲー(パーツを購入し、組み替えて自分の機体を作る)がありますが、あれは主要エンディングをすべて見ると購入可能なパーツがすべて自動的に入手でき、購入するための「作業」が必要ない仕様でした。ささやかな気配りですが、それくらいの工夫は欲しい物です。
と、ややネガティブなレビューになってしまいましたが、良い点も多々。
(バランス的にどうなのかは置いといて)ガンダムSEEDシリーズのPS装甲や、原作通りスラスターふかしすぎると自壊もできるヅダ等、従来の「ガンダムバトル〜」シリーズにはなかった機体やギミックの追加。
全部ではないにせよ、原作中の印象的なシーンではきちんと会話が入る仕様。
キャラクター作成の再のスキルをある程度コントロール可能にすることで、愛着を持ちやすくできるキャラメイク機能。
この辺は従来作より良くなったと思います。キャラメイクについては見た目的な部分で賛否両論ありそうですが。
2010/5/5

結局は作業ゲー

ガンダムバトルシリーズの最新作で、操作感等はあまり変わっていません。
ただ、前作までは不遇だった実弾兵器がかなり上方修正されているように感じました。
また、今までと異なり、機体の改造もお金でやるようになりました。これのせいでひたすら
金稼ぎの作業がはいり、賛否両論ですが、個人的にはありかと思います。前作だとフルチューン
した機体は使用するだけ無駄になってましたから。
今作ではMAP切り替えとカスタムサントラの機能が新しく実装されています。ただ、これがかみ合ってない。
カスタムサントラでは音楽データのMP3をメモリースティックの特定のフォルダに入れるだけで設定できる
のですが、ボーカル曲を入れたりした場合、サビの部分に入る前にMAP移動してしまい、音楽が切り替わって
いまいち燃えない・・・MAP1つで音楽が変わらないミッションならば問題ありませんが・・・
また、上にも書きましたが、今回ひたすら金稼ぎの作業が必要です。MSにしろパーツにしろ良いものを購入
する場合、ものすごい金額がかかります。協力プレイをするとボーナスが入りますが、そもそもそれを前提と
したとしても最終的にフルコンプするならかなりの時間かかります。これがソロプレイしかできないとなると
おそらくフルコンプは断念することになるんじゃないかな・・・
機体やキャラに関しても主役クラスは基本的に出てますが、「どうしてこれが出ない」などと某掲示板ではよく
言われています。なので原作で特定の機体に思い入れがあるのなら、それが使えるかどうかはあらかじめ確認
してください。
まあ、悪いことばっかり書いてますが、前作までのようなアクションゲームが好きな人、作業が苦にならない人、
登場機体に気に入ってるものがある人は買っても後悔はしないのではと思います。というよりそれ以外の人は
あまりの作業っぷりに途中で投げます。
2010/3/24

【購入後の感想】

今までのガンダムバトルシリーズと同じくMSが滑ったり障害物に引っかかったりでとても快適にプレイできるとはいえません、格闘主体の機体で近接攻撃を仕掛けても操作性、モーションがいまいちであまり爽快感は得られません。
マクロスアルティメットフロンティアで導入されたBGMを自分の好みの曲に変えられるシステムは嬉しいのですがマップによってはエリアが変わるごとに曲がころころ変わってしまい逆に耳うるさく感じてしまいます(フォルダの名前を変更してしまうとゲームが認識してくれないので注意)
BGMはマクロスの時と違い個別にフォルダに入れなくてもゲームオプションで好きに入れ替える事が可能です。
決してつまらないわけではなくミッションに失敗しても経験値やポイントは貰えるので失敗し続けても強くなり「次こそは!」という意欲が湧きます。
登場シリーズに私の好きな作品が無いのは残念だしゲスト扱いの作品もありますがMSのカスタムやキャラクターエディットが出来るので「つまらない」とは言えません、ただ選択できるパーツが少ないのでかなり限定されますが。
個人的にはBGM、オペレーターの使いまわしは手抜きに感じましたがこれまでのバトルシリーズと違い周りに気を配りながらプレイするという臨場感が楽しめると思います。
エース機等のSPアタックでいきなり撃墜されてしまう事も多々あり長いミッションでこれをやられてしまうと一気にテンションが下がります。
もし続編を出すならゲームバランスや操作性、自機のステータスの見易さの改善が必須だと思います。
2010/3/18

ソフトカテゴリ

リンク

PSP SIGHT