El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON

El Shaddai ASCENSION OF THE METATRON

発売日:2011-04-28
PlayStation 3 イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
イグニッション・エンターテイメント・リミテッド
Video Games
新品:5450円から
中古:4580円から

クリア後の感想

良かったところ
・音楽:文句なく素晴らしい
・グラフィック:これも美しい、フィールドを歩き回るだけでも楽しい
・アクション:わかりやすくて操作しやすい。
悪かったところ
ストーリー。
この一言に尽きます。
前半の展開は最高でした、が、後半の失速は何が起きたのかわからないレベル。
同日発売の設定資料集を見るとかなり深く凝った設定がつけられているのですが、ほぼ死んでます。
作中ヒントも出ないのでゲーム一本では考察の余地もありません。
堕天使も七人いるといって結局出てきたのは既出3人と初出1人。
幕間は紙芝居。
エノク書に関連するのはネーミングとタイトルだけです。
他の方のレビューにもありますが、ストーリーを期待している人は相当肩透かしを食らうと思います。
あそこまで素晴らしいキャラクターと世界観を作っておいてどうしてこうなってしまったのか…
他が完璧なだけに後半になって突如失速墜落した物語があまりにも惜しいです。
無謀なのはわかってますが完全版が出るのを気長に待っています。
2011/5/3

「芸術」っていう新しいジャンルかも知れないw

難易度ノーマルでクリア後の感想です。
私はゲームはそのシステムやストーリー、BGMや演出といった総合点で判断すべきと思うので
☆3つとしました。
まずグラフィック、背景やステージの造形についてですがかなり美麗であり
ハイセンスです。他のゲームより頭2つぐらい飛び抜けています。BGMも文句ナシ。
何度もプレイの途中で手を休め、動いて行く光景を眺め「はぁ…」と感嘆を漏らしました。
敵キャラやオブジェ等のデザインも特異なものでありセンスが光っています。影絵等の演出もすばらしい。
ただこれはアクが強いとも言え、人を選ぶかも知れないです。
要のアクションについてですが、かなり完成度が高いと思います。
触って慣れる程上手くなる様に調整されており
その操作感は気持ちの良いものでした。
攻撃ボタンが一つだと聞いて、それはさすがに設計ミスだろうと思っていたのですが
ボタンを押すタイミングで動作が大きく変化します。敵のスキを突いてコンボを狙った通りに決められれば中々の爽快感が得られます。
またチュートリアルが丁寧で序々に出来る事が増えて行くと言った具合なので、無理無く操作に慣れることができます。
移動時のジャンプアクションはかなり硬派な部類に入るでしょう。何度も穴に落ちて死にました。
ただ、落ちた後の復帰のレスポンスがかなり良く、すぐリトライできます。昔のゲームのように
スタート地点まで戻される訳でもなく、またいきなり鬼のように難しい訳でもなくステージを進む毎に
段々と難しくなる感じで、これはこれでやり応えを生む物なので良かったと思います。
ただ数箇所、微妙に距離感が掴み辛い足場がありこれは改善の余地があったかも知れません。
ストーリーについても熱い展開や誰も予想できなかったような展開が用意されており中々でした。
しかし、難点もいくつかあります
まずそのストーリーの見せ方についてですがステージとステージのつなぎ目の部分が
紙芝居です。
ムービーではなく、語り部のルシフェルというキャラクターがただ一人で話すだけです。
プレイ時と比べ極端に安っぽくなります。また急展開するストーリーをさらっと話すだけで済ませるので、プレーヤーは置いてきぼりを食らいます。
全体としては壮大な内容なのでしょうが、プレイするのはその一場面、一場面の出来事なので
クリアした後には「全部をプレイした訳ではないんだな」と言った物足りなさが残ります。
これはこのゲームが大きく損をしている所の一つです。
見せ方によってはプレーヤーを引き込み、長い旅をして来たのだと感じさせることが出来たのではないでしょうか。
あと、その紙芝居も動かないルシフェルのカットが妙に多く、何とも不思議な(おかしな?)雰囲気を
かもし出しています。これは狙ったものだったのでしょうか・・・?
もう一つ、武器持ちの雑魚キャラの少なさです。
ぶっちゃけ3種類です。
雑魚戦がかなりのウエイトを占めるこのゲームではこれは少な過ぎです。
面が進むに連れて敵も強くなりますが延々と3種類の色違いが出てくるだけです。
武器の3すくみは結構ですが、例えばアーチ持ちの雑魚の特殊なモーションはコマ回転の攻撃しか無く、
最初から最後まで色違いなだけでバカの一つ覚えのごとくコマ攻撃して来ます。
その辺の作り込みが甘く、非常に勿体無いです。
変化が無いので緊張感が無く、終盤頃には流石に飽きてしまいました。
ですが、最初に書いた通り私はゲームは総合点だと思うのでビジュアル、演出面☆5、アクション面が☆2で
総合3点としました。
これがアクションゲームはテクニックを試す場だよ、背景とか見ない関係ない!とか言う方だと☆1つに
なるかも知れません。
あともう一歩足らなかったといった印象が強く、物凄く惜しいゲームだと思います。
2011/4/29

事前の人気ほどでは・・・

ニコニコ動画でファンになってゲームを買った口です。
一応全クリしてからのレビュー。
率直に言うと微妙ゲー。
糞ゲーでは無いが良ゲーでも無い、って感じですね。ネタ的には事前のPVが優秀でしたが。
グラフィックや世界観などはかなりいい感じで、時たま圧倒されるような部分が散見するぐらいです。
ストーリーなどは一見伝わりにくく、予備知識が無いとちょっと引くかも。
有るとそれなりに楽しめると思います。
全体的に鬱傾向が強い作風なので耐性が無い人には辛いかも?
時たま「馬鹿だろコイツ?!」と笑わせてくれるシーンが有るので油断大敵w
ただ肝心のゲーム性ですが、ちょっと作り込みが甘い気がします。
全体としては十分面白いのですが、戦闘シーンは比較的単調でボスを除けば敵は武器事の3種だけです。あと武器を持たない雑魚。
ゲームが進んでも色違い強化されるぐらいなのでちょっと多彩さに欠けますね。
簡単操作で多彩な動きが出せる親切仕様なのですが、簡素にし過ぎて無理が出てる感じです。
個々のモーションが長くキャンセルが効き辛く、それが原因でダメージを受ける事が多くイラつきます。
敵に対する追尾性も悪く、明後日の方向に攻撃をしてしまう事もしばしばです。
ボタン余ってるのだからロックオン機能とか欲しかったですね。特に射撃武器を使ってる時に強く思いました。
ロックして十字キーでカチ上げや横殴りとか振りぬきとか有ったらより面白かったかと。
他にも強攻撃に当たるオーバーブーストと云うものが有るのですが、使用可能になる頻度が低い上に各武器一種類しかなく、肩すかし感が強いです。
大部分の戦闘は只管通常攻撃で手数を稼ぐ感じで、やり始めは兎も角後半になると敵の強化も加わってかったるさが半端なくなります。
4大天使が支援に付くんだったら武器3種×各天使4種欲しかったですね。あとこれをかけて攻撃に多彩さを添えて欲しかった。
次に移動。
他でも言われてますが視点が動かせない上に小島を渡り歩くようなシーンが多く、足場を満足に確認出来ない所為もあって良く落ちますw
見た目乗れてるようで乗れてないところが多く、数をこなして分ってくしか無い仕様なのは問題あり過ぎな気がしました。
一度乗ると崩れる足場が多いのも気になりましたね。
見えない上に確認してる暇が無いので慌ててしまい、一緒に落ちていく事が何度もありました。辛うじて落下死は免れても足場は復活しないので死ぬしか無いのはどーなのかと。
冥界ステージや墓標ステージでは動く足場を渡り歩く部分が有り、ここでは多くの人が苦労すると思います。
3Dマップなんだしここは何とかして欲しかったですね。綺麗な視点を見せる為にも。
全体としては硬派な感じで必要以上にソフトユーザー向けに軟派になって無いところは好感が持てますが
諸所に不満が残る作りです。
細かい所に難癖付けたくなる作品てのは大抵主体がいいものなので次に期待したいものですね。
2011/5/5

クリア後の感想

取りあえずクリアしたので簡単に感想を。
クリアには12時間程、少し短いかもと思いましたがアクションゲームとしては及第点かと。
かつて大神を作ったメーカーだけあって世界観は圧倒的です。
目まぐるしく動く背景は見ていて飽きる事は無く、ジャンプした瞬間に世界がガラリと変わるあの感覚は最高だと言えます。
雰囲気ゲーの代表である、ICO・ワンダと巨像等が好きだった方はプレイしないと後悔するレベルです。
敵も味方も良いキャラをしていますし、最後まで飽きる事なく楽しめました。
以下不満点を
移動が基本的に多く、戦闘との割合は五分五分位です。
ガンガン戦闘したかった!といった方だと肩すかしを受けるかもしれません。
足場が分かりにくいのもマイナスです。
足場かと思えば背景だった、背景かと思えば足場だった、という事がよくあり、ジャンプアクションでは割と事故死が多いです。
気軽にリトライしできるのでそこまで気になりませんが、マリオのように分かりやすい物ではないのは間違いありません。
後、イーノックとルシフェル、この2人の野郎同士の会話が基本なので花がないとも言えます。
逆に可愛いキャラで媚びてなくて好印象!といった方ならむしろプラスかも知れません。
総合的に見て万人向けではありません。
少なくとも台詞が有名だったから、なんてノリで買うのは間違いです。
ですが雰囲気ゲーとしては最高峰であり、ゲームに世界観を求めている方には文句なしにオススメできます。
2011/4/28

話題性に惹かれて買ってみたら、意外にガチゲーだったが大丈夫か?

動画やイラスト投稿サイトで話題になっていたため購入した者の感想です。
似たような環境で、購入はしていないが気になっているという方の参考になれば。
まずアクションですが、単調かつ温すぎない程度です。
難易度イージーでも死ぬ時は死にますが、詰まるほど難しいといった場面はありません。
ゲームは気になるけどアクションの腕が…という方は心配しなくてもいいと思います。
次にストーリーですが、必要最低限、といった程度です。
アクションゲームのボリュームとしては妥当、神話としては削られた部分も多いのでは、といった印象でした。
与えられた物語に対して、語られていない部分をあれこれ考えるのが楽しい人には向いている系統の作りです。
逆に、ストーリーにウェイトを置いている方や、細かな部分まで説明して欲しい方には不向きに感じました。
そしてキャラクターですが、正直なところ、自分は動画サイト等の影響でネタ目当てで購入したので
ストーリー中は存外真面目な彼らに驚きました。勿論、所々はネタ的な面白さもあるのですが。
他のレビューにも書かれていますが、基本は硬派です。軽いノリや新たなネタを求めている方には物足りないかも。
終始発売前のPVのようなシュールさで進むと思っている方は、気軽に購入しない方がいいかもしれません。
最後にその他の点について。背景、BGM、ゲームバランスは、他の方が仰っているように素晴らしいです。
ほぼ一本道のダンジョンを長く移動することが続いた時は「すぐ飽きそう…」と思ったのですが
しばらく進めていると全く雰囲気の違う別の空間に入り、気付くと進むのが楽しくなっていました。
ただ、大神のスタッフと聞いて「世界観」に特別期待している方は、寄り道や沢山の登場人物たちとの交流など
本筋のストーリー以外の演出で味わう世界観や独特の空気感はほぼ無いので、期待の方向に注意した方がよいかと。
また、不満点として操作性に若干難があります。他の方のレビューの中にも散見されますが、
カメラが移動出来ない、ジャンプの距離感が把握し難い、一周目ではダメージが確認し難い、など
こうした細かい点でストレスを感じてしまう方は、慣れるまで苦労すると思われます。
色々と書きましたが、個人的にはもう少しエルシャダイの世界を味わってみたかったので星四つ。
購入前に自分が気にしていた部分と、実際にプレイしてみて感じた部分とを中心に書いたので
内容が少々厳しめになってしまいましたが、ネタとして買ったにも関わらずこちらを引き込んでくれた良作です。
このレビューで、ひょっとしたら自分には合っているかも? と思ってくれた方は是非。
2011/4/29

ソフトカテゴリ

リンク

PSP SIGHT