Shadowrun(シャドウラン) - Xbox360



Shadowrun(シャドウラン) - Xbox360

Shadowrun(シャドウラン) - Xbox360

Binding:Video Game / Brand:マイクロソフト / CEROAgeRating:17才以上対象 / CatalogNumberList:AA7-00035 / CatalogNumberListElement:AA7-00035 / EAN:4988648462571 / EANList:4988648462571 / EANListElement:4988648462571 / ESRBAgeRating:Mature / Feature:シャドウラン / ItemDimensions:35 / Label:日本マイクロソフト / MPN:AA7-00035 / Manufacturer:日本マイクロソフト / Model:15783421 / PackageDimensions:5575635535 / PackageQuantity:1 / PartNumber:AA7-00035 / Platform:Xbox 360 / ProductGroup:Video Games / ProductTypeName:CONSOLE_VIDEO_GAMES / Publisher:日本マイクロソフト / ReleaseDate:2007-06-21 / Studio:日本マイクロソフト / Title:Shadowrun(シャドウラン) - Xbox360 /
商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

対戦FPSで挫折した人にこそ遊んで欲しい
対戦で上級者相手に、何も出来ずに殺されまくった経験、ありませんか?
今からFPS始めても、上級者ばっかりで入っていけない、そう思っていませんか?
そんな人にこそShadowrunを遊んで欲しい。そしてFPSの面白さを知って欲しい。
かく言う自分も、Shadowrunを遊ぶまではそうでした。
必要なのは、テクニックよりも頭脳。的確な状況判断と読みが勝負のカギです。
狙いを付けるのが下手でもそれを補うスキルもあるし、
衛生兵として味方のサポートを主目標に活躍することもできます。
初心者がいきなり活躍出来るとは言いません。
でも今までのFPSと違って、アクションが上手じゃなくても楽しめる良作です。
注意点が一つ、ストーリーモードに類するものはなく、ほぼ対戦オンリーです。
でもこれだけのためにゴールドメンバーになっても惜しくないほどなので、ぜひ。
FPSが好きならば...
このゲームは、「ほぼ」オンライン専用です。
発売してしばらくはオンライン検索に本当に10分かかりましたが、
いまはパッチがあたってスムーズに対戦できます。
日本人は・・・ちょっと過疎気味
夜なら結構集まります。
外人さんはたくさんいますから、相手には困らないでしょう。
まずは体験版を落としてみてください。
駆け引きが熱い、すごくおもしろいゲームです。
ロスプラ、ベガス、ギアーズに飽きてきたら試してみて!
今までやった中で最高のおもしろさのFPS
発売当初に買って半年近くほぼ毎日やっていますがいまだに飽きません。デッドライジングとギアーズのセットも買いましたがこっちの方がおもしろくて全然やっていません。
発売当初はオンライン検索に時間が掛かっていましたが、今はパッチで解消されています。
日本人も多く、良識がある方が多くボイスチャットで協力してプレイしています。
(全員がボイスチャット使っていないのでなくてもOK。敵がどこにいるかを仲間に連絡する簡易連絡システムもあり。)
基本的な武器はマシンガン、ショットガン、スナイパーライフル、ロケットランチャー、ライフルなどよくある物ですが、種族、テック、マジックと組み合わせて使えるのでいろいろな戦い方ができます。
よくある組み合わせ
エルフ(スピードが速い)+ワイアードフレックス(更にスピードアップ)+カタナ(接近戦)+テレポート(8mテレポートする) 背後から敵陣に潜入して切りまくって逃げる
トロール(体力と力が強い)+ミニガン(連射できるガトリングガン)+スマートリンク(射撃精度アップ) 正面から特攻
以前のレビューでも書かれた方がいますが、慣れていなくてあまり敵を倒せない方は、体力回復、生き返らせる、ライフルで援護などの後方支援の戦い方でも活躍できます。あとグライダーやテレポートで360°自由に動き回れるのも魅力の一つでしょう。そんなところからそこへテレポートで移動できたの?なんて発見もいまだにあります。
値段も下がってきていますので、対戦FPSが好きな方には是非一度プレイしてもらいたいと思います。
対戦FPS好きなら間違い無く買い
革新的なシステムのバランスの良い対戦FPS。
一言でこのゲームを説明すると以上になります。
今までにない斬新な要素があります、例えば以下
・敵を壁越しに確認出来るスキルがある
・照準が敵を自動追尾してくれるスキルがある
・通常の10倍ぐらい飛べるようになるスキルがある
・壁や天井/床をすり抜ける魔法がある
・敵をからめとって動けなくする魔法がある
・一定時間、全ての銃が効かなくなる魔法がある
・死んだ味方を生き返らせる魔法/体力を回復させる魔法がある
などなど、全ては書ききれませんが、もし他のFPSにあれば
『おいおい、それはゲームバランスがひどい事になるんじゃ?』
というものばかりです。しかしこのゲームが凄いのは全体的にはバランスが取れている事。
敵を壁越しに確認し、壁をすり抜けて背後をとった敵を殺そうとするのは有効な戦法の一つですが、
そればかりやると、対抗策として絡め取る魔法を使われて殺される事になります。
そういった戦術の読みあいと味方との連携、全体的な戦略が目まぐるしいスピードで展開します。
こう書くと「なんだか難しそうだなあ…。FPSは照準とか苦手で…」と思うかもしれません。
確かに簡単なゲームとはお世辞にも言えませんが、かと言って難しいわけではありません。
苦手な要素があるなら、苦手な要素をカバーする武器やスキルを使えばいいのです。
例えば照準が苦手なら、照準を自動補正するスキルを使ったり、
そもそも味方のサポートや敵の邪魔をしたりする魔法をメインに使っていけば、
動いている敵に照準する必要すらありません(でもとても重要な役割です)
対戦して飽きない奥の深さと、苦手な人もやっていける懐の広さがあるゲームです。
他に補足するとすれば、Vista版との対戦でしょうか。
Vista版とのクロスプラットフォーム対戦を実現しています。バランスはかなりいいようですが
やはりトータルではVista版のマウスの動きの方が有利かもね、と言われています。
あまりVistaの人は見かけないのですが。
シングルプレーはありません。そこだけは要注意です。
チュートリアルは充実していますが、他は無いに等しいです。
パッケージ裏の『充実したオフライン云々』は偽りですね。
『オフラインに満足するな!オンラインで戦え』ぐらいのコピーにした方がいいのにと思いました。
シルバータグの人や、対戦があまり好きで無い人には間違っても勧められるゲームではありません。
逆にFPSで対戦するのが好きな人には自信を持って勧められます。
武器が好き、実際にある乗り物に乗って対戦できるのが好き、という理由で
対戦FPSをしている人はともかく、仲間と連携し、自分で工夫して敵を倒すのが好きならば
迷わずこのゲームをやるべきです。
グラフィックや物理エンジン以外の、ゲームとしての進化が無いと言われていたFPSというジャンルの
新たな可能性を感じる事が出来ると思います。
かなりのゲームバランス
最初はエルフがショットガンぶっ放して、トロールがカタナ振り回す世界観に惹かれて購入しましたが(笑)とにかくゲームのバランスがいい。銃と魔法とテックの組み合わせで自分好みの戦略の立てられる作り。回復メインであれば回復の樹と蘇生の魔法とスピードアップのスキルで味方を援護しまくる。攻撃重視であれば体力の高いトロールに命中アップのテックをつけて突撃していくのもOKだ。意外と初期装備のグレネードがなかなか強力でかなり削れる感じがします。ストーリーモードがないぶんネットはかなりあったほうがいいと思います。トレーニング等で鍛えた自分の腕前をネット対戦で試していくのは楽しくて最近は寝坊しまくり。ネット対戦も接続の良いところを選ぶのでギアーズの時みたいに接続の遅さで弾があたらないことはない気がします。最近のお気に入りはスピードの高いエルフにさらにスピード強化、命中率強化でスピードで打ち勝つ戦法を練習中です。
革新性とバランスの両立が素晴らしい
パッと見の地味な印象と数回プレイしただけでは解りにくいこのゲームのおもしろさがプレイヤーを遠ざけているようですが、
プレイを重ね、理解が深まるごとにこのゲームの奥深さが解ってきて引き込まれて行きます。
今までにない斬新なマジック、テックシステムを採用しながらいきなり高レベルなバランスを実現しているので、
色々な掲示板等で様々な戦術が考案されていますが、いまだ"最強"と思われる組み合わせが出てきて居ません。
マジック、テックには必ず弱点があり、それを立ち回りや機転によってカバーする能力がエイミング能力並に戦績に対する影響力が大きいので
エイミングが苦手な人間であってもチームに貢献することが出来、ランキングも上位に食い込むことが可能となっています。
また、ポイントでビハインドの場合、バランシング機能が働いて負けているチームが有利になるシステムがあり、白熱の接戦を連発する大きな要素となっています。
マップも9つと数こそ少なく感じますがどれも個性的、ハズレマップが無く高レベルに作りこまれているので濃密なゲームが楽しめます。
コンシューマでは少数派なスポーツ系FPSの操作感を持っているので多少とっつきにくく感じる方も少なく無いとは思いますが、
やり込んで行く内にそのスピード感と展開のダイナミックさにその魅力を見出していけると思います。
やばいよこれは。
ムービー・ゲーム仕様見ました。
バトルフィールド2MCやHALO以来の良ゲーの予感。
このタイトルだけははずせないね。
FPSというと野良でプレイするときは個人の活躍、キル・デス比などでチームの勝ち負けとは別で楽しめるけど、このゲームではチームの勝ち負けでもらえる通貨(ゲーム中の武器弾薬等をラウンド開始前に補充・購入するのに使う)の量がかわるので、クランでコチコチになってしまわないかだけが少し心配。
ただ、FPSでありながら通貨という概念があるので闘う仲間全員がいつも以上に白熱することは間違いないのでホットな対戦が楽しめそうです。
6月のタイトルはこれで決まり。
オンライン対戦専用ファンタジーFPS
シングルプレイは作業だとか興味ないというゲーマーがいる。
このFPSはそのシングルプレイを排除しマルチプレイに特化したゲーム。
従来のFPSとは違い、撃ち合いの上手下手だけでは勝負はつかない。
グライダーで飛べたり、敵を透視したり魔法で瞬間移動や回復などもできる。
このゲームに費やした時間は3年。
Windows Vista版プレイヤーとの相互プレイ可能。
選べる種族は4種類、対戦マップは9種類、ルールは3種類、最大対戦人数は16人。
武器、魔法などはゲーム内のキャッシュで買うことになる。
又、XboxLiveゴールドメンバーシップに加入するだけで別途料金はかからない。
オンライン専用ということでデモや追加マップなどを期待したい。
日本にも外人が作ったゲームを持ってきて欲しい。
元々自分はブルドラ、アイマスをやりたくてxboxを購入しました。
ゲームショップでたまたまパッケージを見かけて何か凄そうなゲームだな。
と言う事でネットでの評価を見て買う決断をしました。
パッケージが何とダークな怪しげな雰囲気が臭うマニアックなゲームと言うイメージが強かったです。
実際にやってみて「これが外国人が作ったゲームなのか」と言う事が伝わってきました。
一言で言えばグロげーと言えばそれなんですが、何たってこのゲームはマシンガンなどを
使って打ちまくれると言う爽快感がたまりません。(注意あくまでゲームの中での話)
フィールドもかなり作り混まれており移動するだけで良い感じです。
たまに外人さんがボイスチャットの声が聞こえて来るので外人さんとやってるんだなと実感も出来ます。
Wii、Wiiフィットなども良いですが、日本ではまだまだ手を出さないFPSをやってみてはいかがでしょうか?
確かに万人向け、ライトユーザー向けではありません、これは認めざる得ません。
しかしこう言うゲームもあるんだようと言う事を知って頂きたいです。
こう言うゲームは日本ではごくわずかしか手を出さない、興味がいかないんでしょうね。
日本にも外国製のFPSをもっと持ってきて欲しい物ですね。
そしてオンライン対戦でばんばんやりたいと言うのが正直な感想です。
次はヘイロー3をやります。
気が向いたらこう言うゲームにも手を出してみてください。
外国人のクリエイターの創造力を感じる事が出来る筈です。
自分には世界観が・・
体験版をDLして少し遊んでみましたが、シューティングゲームとしての出来は悪くはないと思いますが、オフラインが1人しか出来ないのはちょっと残念です・・。(今は分割画面で最低でも2人同時は当たり前でしょう)あと、自分に一番合わなかったのは世界観ですね。HALOやギアーズみたいに完全にSFというか架空の世界、ゴーストリコンやレインボーシックスみたいにかなりリアル系、これらのゲームのようにはっきりとした世界観がなくて、古代(?)と未来が合わさったような感じで、自分にはこの辺りが感情移入できなくあまり面白みを感じませんでした。ただ、PCユーザーと360ユーザーが融合してネット上で遊べるという意味では、今後を感じさせる良作だと思います。
商品詳細・現在価格
カスタマーレビュー

他にも…
NINJA BLADE(ニンジャ ブレイド) - Xbox360
Too Human -トゥーヒューマン-(初回限定版:スペシャルアーマーのダウンロード権利カード同梱) - Xbox360
フロントライン:フュエル・オブ・ウォー - Xbox360
ミラーズエッジ - Xbox360
バイオニック コマンドー - Xbox360
Gears of War 3 (通常版)【CEROレーティング「Z」】 - Xbox360
Mass Effect (マスエフェクト) (「ボーナスディスク」同梱) - Xbox360
レインボーシックス ベガス Xbox 360 プラチナコレクション
ラスト レムナント - Xbox360
BAYONETTA (ベヨネッタ) (特典無し) - Xbox360

Xbox360大全集 Xbox360専門